FC2ブログ
--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2016.04.27 10:42 | EDIT
『読んだよ』ボタンへのポチやランキングへの投票など、誠にありがとうございました。

サイトと六条家の次の話につきましては、頭の中に話しの輪郭めいたものは漠然とあるものの、まだ『誕生日』が終わったばかりなこともあり、まだ何も手をつけておりません。

たぶん、途中で放置している『Over the Left !』で、紅子&葛笠をくっつけつつ、本編4話目は紅子&葛笠をメインに夕紀&徹(笹倉。時々和臣の友達として登場している彼)も一緒に扱うことになろうかと思います。 ……で、5話目は後日談的な夕紀と徹の話とするか、すでにある沙穂子の話から二次創作的な部分を削ぎ落としてリメイクするか……といった感じになるかと思います。

とはいえ、『誕生日』が見切り発車すぎて途中で煮詰まったという反省もあるので、
しばらくの間は、『水面』と『悪い女』を手直しを加えつつ小説家になろうさんに移行する作業でもしながら、あらすじづくりや資料漁りをすることになるかと思います。 
 
*****

では、いただいたメッセージへのお返事です。

4月25日に『読んだよ』ボタンからメッセージをくださいました

午後7時すぎごろ『完結おめでとうございます!サイトで1話から』 から始まるメッセージをくださいました方

ポップ さま

一長女。 さま

午後9時半ごろ『完結、おめでとうございます&お疲れさまでした。』から始まるメッセージをくださいました方

瀧澤八重子  さま


4月26日に『読んだよ』ボタンよりメッセージをくださいました

午前4時前に 『更新お疲れさまでした! 』というメッセージをくださいました方

muhminmama さま

お返事を書かせていただきましたので、続きへお進みくださいませ。

『返信不要』でメッセージをくださいました方も、どうもありがとうございました。





『完結おめでとうございます!サイトで1話から』 から始まるメッセージをくださいました方

こんにちは。 
要も橘乃も自分のことより周りのことを優先しがちな性格のうえ、周囲の人間が外堀埋めまくってくっつけようとしても、どちらも作者が想定していた以上に鈍感で、しかも普段から誰にでも愛想の良い子たちなのでくっついても恋愛としての盛り上がりがいまひとつだったり……と、書き手として反省すべきところが多々ある話になってしまいましたが、ともかくハッピーエンドを迎えることができました。 最後まで書きあげられたのは、一話から完結まで、長いことおつきあいくださった、あなたさまを始めとした読者さまのおかげです。 ありがとうございました。


ポップ さま

こんにちは。 
親がなくても子は育つとは言いますけど、誰かいないと子供は育たないし、関わる大人のありようによって育ち方も変わってくる。そういった意味で要は人の縁にとても恵まれた子ですし、その縁が橘乃という伴侶や、その他の縁を引き寄せたのだと思います。
作者としては、いつか冬樹も幸せになれるといいなあ…と思うわけですが、さすがにあれは難しいかな(^^;)
六条姉妹とその夫たちのことも気に入っていただけたようで嬉しいです。
最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。


一長女。 さま

こんにちは。
連載中は、サイトが不調で(というよりもインターネットエクスプローラーとサイト作成支援ソフトの仲が良くなったり悪くなったりで)、予告もできずに『小説家なろう』に掲載したりと、いろいろとご迷惑をおかけいたしました。
六条家の関係者(紫乃)が宿した新しい命を待ちわびるというラストは、この話を考え始めた時から(私にしては珍しく(笑))決めていたことでした。 本当は明子の妊娠報告もするはずだったのですが、どうにも収まらなくて、紫乃だけになってしまいました。
要の将来については、『誕生日』の目次のページの下のほうにあります番外『クリスマス☆さぷらいず』の中に一文だけでてくる総支配人が、たぶん彼だと思います。 
では、最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。


『完結、おめでとうございます&お疲れさまでした。』から始まるメッセージをくださいました方

こんにちは。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
次については、紅子とのことは葛笠が語るでしょうし、夕紀は夕紀で語り手としては無口すぎるしで、どうしようかと悩んでおりまして、充電が完了するまで、しばらく時間をいただくことになりそうです。 

瀧澤八重子  さま

こんにちは。 風花亭の話に長らくおつきあいくださいまして、本当にありがとうございます。 
『誕生日』の本編では、生れのせいで引け目を感じたり不公平感や世の中の理不尽さを感じていた子を多く登場させてしまいましたので、ラストはこれから生まれてくる子の健やかな成長を願うようなものにしたいと考えて、「かくしごと」のラストとリンクするようにいたしました。 今頃は、弘晃が風邪を治すべく中村家で頑張っていると思います。
メッセージをありがとうございました。 


 『更新お疲れさまでした! 』というメッセージをくださいました方

こんにちは。 
最期まで読んでくださって、ありがとうございました(^^)

muhminmama さま

こんにちは。 
感情移入までして読んでくださっていたなんて、嬉しいです。
次の六条家の話のアップまで、しばらくお時間をいただくことになると思いますが。
また、読んでいただけるよう頑張ります。
メッセージをありがとうございました。








スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

koharu223ky

Author:koharu223ky

月別アーカイブ

ブログ内検索

電力使用状況&電気予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。